Review: KORG minilogue

1月30日に発売されたばかりの、KORG minilogueが届いた。

先日のNAMM Show 2016で発表されたばかりの新商品だ。

このニュースを見た後、予約可能なオンライン・ショップが出るとすぐに予約した。(お店によると、初めての客だったらしい)

今まで、アナログ・モデリングのポリフォニック・シンセサイザーは存在したが、この機種はディレイを除いて音が通る場所は完全にアナログである。

 

スイッチの切り替えや、和音で弾いていると本当にアナログなんだという感触が伝わってくる。

音的にはJUNOっぽい繊細な音?という感じがしたが、ヴィンテージな音色以外にもイマドキのデチューン・リードなんかが作れたりして、まさに「新しいアナログ」っぽい音。

届いて2日、いろいろ遊んでみたので記事にしてみる。

 

 

オシレータ 

 

各VCOには鋸波・三角波・矩形波が内蔵されており、これらはSHAPEノブによって変化させることができる。矩形波ではパルスワイズ、鋸波・三角波では途中反転ができるようになっている。またVCO2にはシンク、リングモジュレーターにクロスモジュレーションが付いており、一通りの音作りはすることができる。

ミキサーではVCO1、VCO2、NOISE(ホワイトノイズ)の各レベルが選べるようになっている。全てが独立して操作できるのが嬉しい。

ピッチベンダーは、写真で見る限り使えなさそうだったが、割と普通に使うことができる。ただし、姫神のこぶし回しみたいなベンドをしようとすると、ちょっとバネが固すぎるように思える。(おもちゃのピンボールのパドルのような感じ)

ただしポルタメントやベンド幅をノブで変えられないのはちょっとダメかな。

 

 

 

フィルター

 

フィルターは、良く言えば使いやすく、悪く言えば面白くない。

思い切ってモノフォニック用のMS-20 フィルターなど搭載すればまた違ったかもしれない。

EGと合わせて使っても、概ね良し。その他のノブにも言えることだが、EG INT の"0"の値で少し遊びがあるのが使い易い。

KEY TRACK、VELOCITYは三段階のトグルスイッチ。

 

 

ディレイ

 

minilogueで唯一、ダメダメなのがこのディレイ。

自分はヘッドフォンを直でシンセに刺して遊ぶタイプの人間なので、内臓エフェクトがあると嬉しい。

でも今回は「今時ポリフォニックなのにフル・アナログ」というところを推しているのになんで中途半端なことするのだろう?

ディレイ関係の操作子を乗せる場所に、本来乗っているはずのポルタメントやベンド幅のつまみを付けれたのではなかろうか?

さらに、コーラス〜フランジャーまで行き来できるディレイなら良かったのだが、それほど緻密にディレイ・タイムを調整することは不可能だった。

アナログ素子が絶滅で高価なのはわかるが。。。

開発1部のチーフ・エンジニアである高橋達也氏は「自分がシンセを使うときに必ず欲しくなるから」とおっしゃっているが、なんだか納得いかない。

 

 

シーケンサ

 

地味に嬉しいのが、16ステップのポリフォニック・シーケンサ。

ポリで記録できるし、あとのエディットも簡単。これだけで全然使える。試してないが、MIDI OUTも使えるのだろうか。もしくは単体で製品化して欲しいかもw 

さらにvolcaやElectribeなどでお馴染みのMotion Sequence機能があり、各パラメーターの移り変わりを記録することができる。

またSYNCがあるのもいい。

今回はSQ-1、volca sampleとともに同期させてみた。テンポがちょっとだけ不安定だったが、同期することができた。

 

 

 

デザイン

 

次に、見た目。

表面はApple製品のようなアルミ・パネルだ。

プロトタイプ感を出そうとしたらしいが、かっこよくて完璧なフォルムになっている。X-Y方向になだらかなRがかかっていることも特記すべきだろう。

ツマミは黒い色が全体を引き締めている印象がある。回し具合、KORG製品にしては重い方?

あとMoog Rogueっぽいトグル・スイッチも全体にマッチしている。

 

極め付けに右部にある有機ディスプレイ。こちらには常時オシロスコープが表示される。

いつもはビンテージもののアナログ・オシロスコープを使用しているが、minilogueに乗っているものはものすごく精度が良く、デザインとしても楽しい。ただし、時々ハングアップしてしまうことがあるので、これはファームウェアアップデートで解消されることを願う。

電源投入時〜チューニング時には、一瞬だがブロック崩しが楽しめる。チューニング待ち時間の配慮かな。KORGっぽい。

 

表面に見えるビスは最近のKORGっぽく六角ネジ。

背面はウッドパネルになっている。アナログシンセだ。サイドパネルでなくリアパネルなところもなんだか面白い。

 

 

 

拡張性

 

USBでDAWに接続した時、全てのパラメータはコントロール・チェンジとして操作できるようになる。つまりはアナログシンセだが、DAW上でパラメータの編集ができるということだ。

これはものすごく便利。プラグイン・オンリーのプロジェクトにいとも簡単に本物のアナログ・シンセの居場所を作ることができる。

Logic Pro X 10.2.1 でも正常に書き込むことができた。

ただし、CCの命令が名前と一致していなかったり、再生時にうまく動作しない。ドライバか本体ファームウェアのアップデートで修正されることを望む。

 

加えて本体リアにはMIDIのIN/OUTも装備されている。

SQ-1でのMIDI OUTはコネクタをなくしたのでテストできていない。

あ、そういえばMIDI検定3級受かりました。

 

最後に

 

衝動買い(というよりは衝動予約)してしまったが、これで5万は安いだろう。

まだ2日しか触ってないが、これからもっと、自分のワークスタイルに馴染んでくる予感がする。部屋が狭く常時置く場所がないが、これからもバシバシ使っていきたい。

まだアナログ・ポリフォニックシンセに慣れていないような感じもする今のKORG、これからが楽しみだ。

あーKORG、すきっ

 

コメントを残す