Analysis: P-MODELとドラムマシン
この記事はに公開された記事の改訂版です。

日本屈指のニューウェーブバンド、P-MODELとドラムマシンについての関係を書いていこうと思います。

テクノポップバンドと呼ばれますが、その正体はほとんどオルタナ/プログレッシブ/ニューウェーブな感じです。

またドラマーがいるので、ドラムマシンやリズムボックスより生ドラの方が割合が高いです。

(ここでは便宜上プログラム可能機種の登場以降をドラムマシン、プリセット選択型のものをリズムマシンとしています。)

『Roland CR-68』

初期Pの印象といえばこれとミュージカル・ホッチキスなのですが、実はそんなに使われていません。

これにプログラム機能がついたCR-78という噂もありますが、プリセットリズムしか使われてない上に、音楽産業廃棄物に掲載されている初期のライブ・セッティングシートにはことごとく”Roland CR-68”と記されているのでCR-68ということにしました。

使われているのは1stだけになります。その他、おそらく実機の音でなくシミュレートの音ですが『P-MODEL』の「No Room」、「Vista」、「Go Amigo」、『big body』の「幼形成熟BOX」に音色を聴くことができます。

これはおそらくヒラサワお気に入りドラムマシン、Roland R-8からの出力だと思われます。

CR-68/78の音色ははフィルコリンズやOMD、ゲイリー・ニューマンが使用していたことで有名です。

特にOMDの1stではかなりフューチャーされていています。(「Red Frame/White Light」は「美術館で会った人だろ」と同じパターンが聴けますね。)

ではP-MODELでは、となるとやはり1st収録の「美術館で会った人だろ」です。

このリズム、本体内蔵のリズムパターンで、プリセット名は『RHUNBA』です。

 

 

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/CR-68_Art_Mania.mp3"][/audio]

 

美術館で会った人だろ

 

その他に、「ソフィスティケイテッド」のパターンはスネアの音色が抜かれています。

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/CR-68_Sophisticated.mp3"][/audio]

ソフィスティケイテッド

「Roomrunner」のアウトロ

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/CR-68_Roomrunner.mp3"][/audio]

Roomrunner

『KORG KR-55』

KR-55は1976年にKORGから発売されたリズムボックスです。

この機種、完全なプリセット型のリズムボックスで、プログラミングはできません。

1982年になってからKR-55Bというモデルチェンジ版が出たのでセールされていたものを、貧乏ヒラサワが見つけたと勝手に妄想します。

KR-55の音色を初めて聴くことができるのはカセットでリリースされた『Perspective II(1982/3)』です。

カセットB面の「Solid Air」と「Blümcale」になります。

「Solid Air」では、”DISCO 2”というプリセットが使われています。

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/KR-55_Solid_Air.mp3"][/audio]

Solid Air

「Blümcale」では”DISCO 4”です。

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/KR-55_Blumcale.mp3"][/audio]

Blümcale

そのあと、ニューウェーブコンピレーションである『レベル・ストリート(1982/12)』には田中がまだ在籍している間に作られた「フル・ヘッ・ヘッ・ヘッ」で使われています。

貧乏だった当時のヒラサワにとって相棒だったのかよりパーソナルな作品である『不許可曲集 vol.1(1983/3)』でも、KR-55はフューチャーされています。

「Gitai no Waza」では「Solid Air」と同じDISCOプリセットをテンポ下げで使用しており、その他に「二重展望2」のリサイクルである「Zikken Sitsude Kimi To」でも”DISCO”が使用されており、ヒラサワお気に入りのフィルインだったのか、それとも当時『ディスコ』を気にしていたのかは不明です。。。

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/KR-55_Gitai_No_Waza.mp3"][/audio]

Gitai No Waza

「Shasizu」でもKR-55の音を聴くことができます。”BATH ROOM SYSTEM”なるヒラサワ自作システムによるスプリングリバーブの音が独特の味をだしています。

(LogicのSpace Designerで再現)

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/KR-55_Shasizu.mp3"][/audio]

Shasizu

 

『KORG KPR-77』

音はKR-55によく似ています。がTR-505みたいなプログラミング機能があり自由にリズムを組めました。

『SCUBA(1984/9)』で大フューチャーされていて、「SCUBAといえばKPR」感があり、初っ端「Frozen Beach」から使われているまさに”象徴”です。

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/KPR-77_Frozen_Beach.mp3"][/audio]

Frozen Beach

「BOAT」などで、Linn LM-1と合わせて使われている(と思われます。)

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/KPR-77_BOAT.mp3"][/audio]

BOAT

『Linn LM-1』

『P-MODELがリンドラ?』と思われるかもしれませんが、実は『ANOTHER GAME(1984)』以降、何度か耳にすることができます。証拠に、『音楽産業廃棄物・Opensource』の117ページ目にちゃっかりとLM-1を打ち込むヒラサワの姿があります。

さて、500台しか生産されていない上に4999ドルもする高価な機材を当時のヒラサワが買えるはずもなく、恐らく音廃に記載のある中野の『サウンド・スカイ・スタジオ』のものでしょう。もしくは、有島”神尾”明朗氏のACユニットのものかもしれません。(SCUBAでも耳にできるので)

当たり前ですが、P-MODELの中でドラムがLM-1だけの曲はありません。

LM2同様に、この機種は当時のはやりでしたが、ヒラサワは気に入らなかったのかもしれません。

『ANOTHER GAME』では生ドラムと合わせて使われていて、かつエフェクトが深いので聴き分けがかなり難しいです。『HOLLAND ELEMENT』と『MOUTH TO MOUTH』、そしてかなりwetなのですが、『AWAKENING SLEEP ~α click』は確実でしょう。

『SCUBA(1984)』では、わかりやすもので『BOAT』『FISH SONG』 ちょっとわかりにくく『LOOPING OPPOSITION』と『REM SLEEP』です。

[audio mp3="http://teletakt.red/wp-content/uploads/2016/01/LM-1_Fish_Song.mp3"][/audio]

Fish Song

『FROZEN BEACH』で鳴らされている印象的な16分のタムですが、カセットブック版ではKPR-77なのに対し、CD版では『ANOTHER GAME』の頃のようなLM-1のタムが聴こえます。

そもそも似た別の音源(M1?)なのかそれともヒラサワが84年を思い出しながら作ったのかは謎です。

この他に、旬の作品でもいくつか似た音が耳にできます。

こちらはほとんどdryな処理になっています。『サンプリング』がテーマなユニットだったのでそういうコンセプトだと思いますが。。。

『SHUN II』はモロですし『SIPHON』にも『1778-1985』でも耳にできますが、『カルカドル(1985)』版の『1778-1985』は生ドラムです。

 

 

今回はここまでです。次回はOne Pattern以降について書けたらいいなと思っています。というか機材だけじゃなくてリズムについても書いた方がいいですね。

コメントを残す