Review: Volca sample

KORGのVolca Sampleを買った。随分前に購入していたのだが、大して触っていなかった。

欲しくなった理由は、ステップ入力ができるドラムマシンが欲しかったから。前回のP-MODELとドラムマシンの関係を記事にしてから、やんわりとはもっと前から欲しかった。

アナログシンセを触っていると、やはり原始的なゲートクロックでシンクする機材が欲しくなる。すでにMS-20 mini、SQ-1なんかを持っているわけだから(のちにminilogueも)リズムセクションと同期したくなるのは普通だろう。

この条件としては、同価格帯でも他にAKAIのRythm WolfやKORGのVolca beatsなんかもあるのだが、サンプルからシーケンスを構成できるということで、Volca sampleを購入した。

また、1万ちょっとという値段で買ってしまったことも拭えない。買ってからVolca beatsのアナログ感もいいなと思ってしまったのは秘密である。

あと、機能については発売以来どこぞこかしこで語られているので、自分の気に入ったことだけ書くことにしました。。

アナログ・アイソレーター

Volca sampleにはアナログ回路で作られたアイソレータが搭載されている。

アイソレーター?なにそれということだが、EQみたいなもんである。

EQが決められた帯域の頂点を作り、ピーキングだとかシェルビングといったように山を動かして音色を作るのだが、アイソレータはその帯域丸ごと山というより台形に動かすことができる。

DJをしたことがある人なら分かるかもしれないが、DJミキサーにはローカットやハイカットのツマミが搭載せれており、これがアイソレータだ。このことを意識しての搭載だろう。

Volca sampleに載っているアナログ・アイソレータは簡単にこういった変化を出せるので便利だし楽しい。

 

同期

SYNC INからSQ-1につなげて同期してみたが、なんら問題なく動作した。minilogueや、iOSアプリのSyncKontrolとも同期できた。

その他、MIDIでも可能とのことだ。

ちなみに、MIDI鍵盤に接続して演奏してみたが、残念ながらノートナンバーによるピッチ変更には対応していない。これができればまた色々と広がるので、ファームウェア・アップデートで対応して欲しいところだ。

 

サンプリング

サンプラーなのだから、もちろんサンプリングが可能である。

と言っても、やり方はかなり現代的で公式アプリ、AudioPocketから転送する。iPhoneのオーディオ・アウトからVolca sampleのSYNC INに接続し、昔のデータをカセットテープに保存する感じでサンプルのデータ移行が行われる。

iPhoneからだと、めんどくさいのでサードパーティ製のvosyrから転送した。このアプリは、Mac、Windows用がある。

AudioPocketと同じようにMacBookのオーディオ・アウトよりSYNC INに接続し、無事にサンプルを転送することができた。(時間はそれなりにかかった)

最後に

何より楽しい。iPhoneやiPadのアプリでも同じようなことができるが、実機であることはかなり大きい。スタンド・アローンでセッションできるし、直接操作子が触れることも大きい。その他のVolcaシリーズも手に入れて、同期させたいと思えるくらい楽しい。

ただし、良い意味でも悪い意味でも、KORG特有のチャチさがある。特に気にはならないが。

 

今回は、珍しくデモ動画を録ってみた。撮影はPentax Q10、録音はラインにてZOOM H2nだ。

コメントを残す