未分類
MacBay2をMacBook Pro (’15 2012 Mid)に仕込んだ

image

MacBay2を使ってMacBook Pro (‘15 2012 Mid)にSSDを積んでFusionDrive化したことの報告です。

・今回使ったもの

image

 ・マウントするMac (MacBook Pro 15inch 2012 Mid;HDD 500GB ;Mac OS X 10.10 Yosemite)

 ・林檎派 MacBay 2 [RGH25BAY2-004] 購入元リンク(秋葉館

 ・Crucial MX100 SSD (128GB) [CT128MX100SSD1] 価格.com

 ・ドライバー群

  トルクスレンチ(T6)についてはマイナスドライバで代用できますが、万が一の事がありますので、持ってた方が良いです。

  プラスドライバについてはかなり小さいサイズ(マイクロ+00くらい)まで持ってた方が絶対良いです。ダイソーなんかで済ますよりちゃんと先が固くて形が綺麗な精密用のをお選びください。悲劇が起きます。

また、必ずTimeMachineを使ってバックアップを取っておきましょう。

作業前に

image

SSDには7mm厚のSSDを9.5mmにするスペーサーが付属していました。

別に無くても大丈夫そうですが、どうせなので取り付けました。両面テープで貼り付けるだけです。

またMacBay2に付属のUSB-光学ドライブ変換ケーブルが使えるかこのSSDをMacBay2にマウントして実験しました。

image

USB2.0で速度がアレですが、問題ありませんでした。

ついでにこの時にディスクユーティリティを使いSSDをHFS+(Mac OS拡張フォーマット)フォーマットしておきます。

作業

例に倣ってMBPの裏蓋を開けます。

これについては他のサイトで散々語られているので省略致します。

注意点としてはサイズ・製造期間・ロットによって内部構造が微妙に異なる点です。

またネジをなくさないようにしましょう。

image

裏蓋を空けカバーを外すとHDDにアクセス出来ますが、今回はSSDを増設するだけなので動かしません

また光学ドライブを外す時に固定している金具を外さなければいけませんがネジ山を舐めてしまいブッチしました悲劇です。

紆余曲折を経て更地になった光学ドライブ跡地

あとはSSDをMacBay2に取り付けマウントするのみです。

以外と綺麗に入ります。お疲れ様でした。

忘れずに。。。。

作業後

ここからが一番重要です。

やる事として、

  1. ディスクのフォーマット
  2. SSDとHDDの論理ボリュームグループ化
  3. OSXの再インストール
  4. Trimの有効化(Trim Enabler)

1,2,3までのやり方はTools 4 Hackさんのサイトで紹介されてますので割愛します。

[Mac] 噂のFusion Driveを自分のSSD&外付けHDDを使って自家製で構築してみる。| Tools 4 hack

4については、Trimの有効が純正のSSDで無いと使用できないのでTrim Enablerを使用します。1000円ちょっとです。

これについてもAppleちゃんねるさんのサイトにあるので割愛します。

Cindori Software、OS X Yosemiteでサードパーティ製SSDのTrimを有効にする「Trim Enabler 3.2.5」をリリース。Yosemiteではkext変更に署名が必要となる?

またYosemiteからは、TrimをONにしたままアップデートすると不具合が起こるそうです。

Cindori Software、OS X Yosemiteがインストールされたサードパーティ製SSDでTrim Enablerを使う際の注意点を掲載。最悪起動しなくなる場合も。

というわけで、今回のSSD増設は以外と簡単だったと思います。

ぶっちゃけると起動が爆速になったのとLogicの起動が早くなったくらいにか変化が分からないです。

もうすこし容量の多いSSDを買って音源をそっちに入れとけば安泰だったのかもしれませんね。

コメントを残す